立教新座中学校・高等学校

歴史・沿革

1874(明治7) ウィリアムズ主教、築地に私塾を開く。
1883(明治16) 校名を立教大学校とする。
1896(明治29) 立教学校を廃し、立教尋常中学校、立教専修学校を設置。
1899(明治32) 中学校令改正により、立教尋常中学校を立教中学校とする。
1922(大正11) 大学令により大学として認可。文学部・商学部および予科を設置。
1923(大正12) 立教中学校、関東大震災で校舎焼失し池袋へ移転。
1925(大正14) 池袋に中学校校舎完成。
1931(昭和6) 財団法人立教学院を設立。
1948(昭和23) 学制改革にともない旧制立教中学校を廃し、「立教高等学校」「立教中学校」「立教小学校」開校。
1949(昭和24) 新制大学として発足。文学部、経済学部、理学部を設置。
1951(昭和26) 学校法人立教学院設置認可(財団法人から組織変更)。
1957(昭和32) 学校市制を廃して生徒委員会制度をとる。
1958(昭和33) 大学、社会学部を設置。
1959(昭和34) 大学、法学部を設置。
1960(昭和35) 高等学校、新座に移転。
1963(昭和38) 立教高等学校、「聖パウロ礼拝堂」「チャペル会館」落成。
1964(昭和39) 立教高等学校、海外研修旅行始まる。
1969(昭和44) 立教高等学校、英国サマースクール始まる。(当時:欧州研修旅行)
1970(昭和45) 立教高等学校、選択制度を始める。
1974(昭和49) 立教高等学校「総合体育館」落成。
1976(昭和52) 立教中学校、教育改革の一環として「選科」(選修教科)発足。
1980(昭和55) 立教高等学校、英語グレード別授業始まる。
1981(昭和56) 立教中学校、アメリカ・カナダキャンプ始まる。
1982(昭和57) 立教高等学校、「図書館」落成。
1986(昭和61) 立教中学校、帰国児童受け入れ開始。
1988(昭和63) 立教中学校、フィリピン聖公会トリニティースクールとの交流始まる。
1990(平成2) 大学、新座キャンパスを開校。
立教高等学校、オーストラリア短期留学始まる。
1992(平成4) 立教中学校、アメリカCCESとの短期交換留学開始。
1995(平成7) 立教高等学校、他大学進学クラスを設置。
1996(平成8) 中学校設立100周年礼拝を行う。
1998(平成10) 大学、観光学部、コミュニティ福祉学部を設置。
1999(平成11) 立教池袋中・高、新校舎落成。
2000(平成12) 立教中学校は「立教池袋中学校」と改称し、「立教池袋高等学校」を併設。
立教高等学校は「立教新座高等学校」と改称し、「立教新座中学校」を併設。
2006(平成18) 大学、経営学部、現代心理学部を設置。
2008(平成20) 大学、異文化コミュニケーション学部を設置。立教セカンドステージ大学を開校。

ページの先頭へ戻る

立教新座中学校・高等学校
〒352-8523 埼玉県新座市北野1-2-25

Copyright © 2010 Rikkyo Niiza Junior & Senior High School. All Rights Reserved.