2020/05/07 (THU)

2020年度1学期始業礼拝 校長による奨励

5月7日(木)、立教新座中学校・高等学校の2020年度1学期始業礼拝をライブ配信にて行いました。
佐藤忠博校長の奨励と、その中で紹介された中学校生徒会長および高等学校学友会会長からの「歓迎の言葉」を掲載いたします。この「歓迎の言葉」は、4月8日に行う予定だった入学式で、新入生の皆さんに向けてお伝えするために準備したメッセージです。

今日、この時間を、同じ場所で迎えられなかったことを、とても残念に思いますし、申し訳ないと思っています。
でも、こうして今、皆さん一人一人が違った場所からではありますが、同じ時間を共有できますこと、そして何より、皆さんが、無事にその場にいてくれることに感謝しています。ありがとうございます。

保護者の皆様、2020年度は、誰も経験したことのないかたち、このようなかたちでのスタートを、切ることとさせていただきました。先が見えずご不安な状況の中、ご不自由をおかけしておりますこと、心よりお詫び申し上げます。
また、学校を閉じる措置、学習の準備にご理解とご協力を賜っておりますこと、心より感謝申し上げます。

4月8日(水)に、立教新座中学校・高等学校、それぞれの入学式を予定していましたが、残念ながら中止とさせていただきました。申し訳ありません。
入学式を行うことができていれば、中学校1年生には生徒会会長、高等学校1年生には学友会会長から、新入生の皆さんに直接お届けできていたはずの歓迎の言葉を預かっています。準備してくれてありがとうございます。入学式が行われる前提で書いてくれたところもありますが、そのままお届けしますので、お読みください。
改めまして、中学校1年生の皆さん、高等学校1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。心から歓迎します。

立教新座中学校・高等学校の皆さん、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、私たちがこれまで過ごしてきた日常と、あまりに異なる生活が続いています。そのような中、皆さんは、この先どうなるのかという不安や、戸惑いを、胸にたくさん抱えていると思います。

心に留めておいて欲しいのは、そのような気持ちになるのは当然のことだ、ということです。
大切なことは、その不安や戸惑いの気持ちに寄り添ってくれる人、共感してくれる人は、あなたの近くに必ずいる、ということ、そして、離れていても、互いに気持ちに寄り添い合うことのできる相手は必ずいる、ということです。

私たち、立教新座中学校・高等学校の教職員の気持ちは、今、始業礼拝に参加してくださっている皆さんはもちろん、参加できなかった皆さん、全ての皆さんとともにあります。皆さんの心のよりどころの一つとなれるよう、努めていきます。
皆さんとこうして繋がることができる、ということは、とても嬉しいことです。私たちにとっても、皆さんの存在は大きな励みになります。

まず、皆さんは、安全であるということを第一に思ってください。そして、あなたを思う人、あなたの思う人とともに安心を積み重ねながら、一歩ずつ、前へ進んでいきましょう。

1学期は、皆さんと離れていても繋がることのできる方法として、オンラインでの学習提供を行っていきます。学習だけではなく、直接伝えたり、受け取ったりすることのできないことは、今までとは異なる方法で行わざるをえません。
ですので、直接行えることの代わりに行うのだ、という考え方だけではなく、この方法だからこそできること、今までなかったことも生まれてくることになる、と思います。私たちはできる限りの、よりよい繋がりを求めて努力していきます。どうぞ、皆さんの力も貸してください。

そして、ここ、立教新座中学校・高等学校で、皆さんと学校生活を始め、ともに大切な日々を過ごすことのできるようになる日、世界中の人たちに笑顔の戻る日が、1日も早く来ることを共に祈りましょう。

神様の見守りと、豊かな祝福が、皆さんと、私たちと、そして世界の人たちの上に豊かにありますように。

2020年5月7日
立教新座中学校・高等学校校長 佐藤忠博

中学校生徒会会長 歓迎の言葉

1年生の皆さん、ご入学おめでとうございます。在校生を代表し、心よりお祝い申し上げます。
新型コロナウイルスの影響で、私たちの入学式とは違う形になりましたが、入学式を行えたことをうれしく思います。

私も、一年前、皆さんと同じように、この学校に入学してきました。
入学してきたときは、新しい環境で友達が作れるのか、勉強はついてけるのだろうかなどの不安がありました。しかし、先生方が優しく時には厳しく指導してくださったおかげで、すぐに学校に慣れることができました。

私たち、2年生、3年生の、一番の望みは、皆さんが一日でも早く学校に慣れ、充実した学校生活が送れるようになることです。そのために私たちは、何でも相談に乗ります。
最後になりますが、1年生の皆さん、保護者の皆様、ご家族の皆様に神様のお恵みと祝福がありますようにお祈りいたします。

2020年4月8日
立教新座中学校 在校生代表

高等学校学友会会長 歓迎の言葉

新入生の皆様、並びに保護者の皆様、ご入学おめでとうございます。在校生を代表し、お喜び申し上げます。

今皆さんは高校に入るにあたり、不安、希望、緊張さまざまな感情でいっぱいだと思います。
最初は僕もそうでした。ですが毎日この学校で過ごしているうちにそんな気持ちはなくなり、気づけばこの学校を楽しんでいると思います。

この学校は、いろいろな人のさまざまな趣味や考え方を、個性として受け入れてくれる、そんな先生方や生徒達にあふれています。安心してこれからを過ごしてください。
この学校の建学の精神に「自由」というものがあると思って入学してきた方が多いと思います。それは嘘ではありません。この学校は、なにかに挑戦するにあたって、そのための最高の環境を用意してくれます。これを無駄にするのも、有効活用するのもあなたの自由です。

この学校に入ったなら、どうか新しいことや、人とは違うものに挑戦することを恐れないでください。最初は笑われても真剣にやっていると、気づけば笑い声も応援の声に変わっていきます。

この学校は、あなたの人生にとって、必要な最小限の方向性しか指し示してくれません。どんなレールを敷いて前に進んでいくかは、すべてあなたの自由です。
ぼーっと過ごしていたら高校生活なんてアッという間に終わってしまいます。
みなさん、この高校生活を、自由にかつ大いに楽しみ悔いなく過ごしましょう。

新入生の活躍を心から期待しています。
最後になりましたが、本日お集まりくださったすべての皆様に神様のお恵みがありますようお祈りいたしまして、歓迎の言葉とさせていただきます。

2020年4月8日
立教新座高等学校 在校生代表