2021/09/01 (WED)

フェンシング部 インターハイ優勝

フェンシング部は、全国高校総合体育大会(インターハイ)フェンシング男子団体で優勝! 創部初の栄冠を獲得しました。
また、個人戦男子フルーレでは、橋本祥英さん(高3)が第3位、男子エペでは、高橋未楽さん(高3)が第3位の結果を残しました。

左から、清野明監督、橋本雄偉さん(高1)、増田光さん(高3)、橋本祥英さん(高3)、冨田紘永さん(高2)、鈴木統吾さん(高3)

選抜準優勝の雪辱を果たす

8月14日(土)、福井県越前市AW-Iスポーツアリーナで行われた全国高校総合体育大会(2021北信越総体)フェンシング競技大会男子団体(フルーレ)で、高校フェンシング部が優勝。1951年の創部以来初めての快挙を成し遂げました。

全国選抜大会(2021年3月開催)では、優勝候補とされながら惜しくも1点差で準優勝。部員たちはこの1点を胸に刻み、技術だけではなく精神面、生活面においても自身を高めていくよう準備をしてきました。そのひとつひとつが最高のかたちで実を結びました。

優勝までの戦績
2回戦 立教新座 5-0 東葛飾(千葉)
3回戦 立教新座 5-1 清風(大阪)
準々決勝 立教新座 5-1 安来(島根)
準決勝 立教新座 5-4 龍谷大平安(京都)
決勝 立教新座 5-1 東亜学園(東京)
  • 決勝戦、試合前の選手紹介

  • 決勝の東亜学園(東京)戦での増田さん

  • 優勝が決まり、清野監督を胴上げ

  • 表彰式を終えてリラックスした様子の部員たち

個人でも2人が第3位

個人戦男子フルーレでは橋本祥英さん(高3)、男子エペでは高橋未楽さん(高3)が第3位となりました。
  • 橋本祥英さん

  • 高橋未楽さん。フェンシング金メダリストの見延和靖選手と