2021/07/16 (FRI)

リーダーシップと学部選択——高3自由選択科目

立教新座では、2020年度から高3の自由選択科目にリーダーシップに関する2講座を開講しています。
2021年度の開講講座「リーダーシップ入門 自己&他者理解」「豊かな人生を切り開くリーダーシップ」の1学期の授業では、2クラス合同で「立教大学の学部選択において、生徒に対して良い影響を与えるために、必要な情報を収集して、発表すること」というPBL(課題解決型学習)に取り組みました。

立教大学経済学部の学生の講演

立教大学在学生に学部の学びを聞く

5月末からの1カ月は、立教大学でリーダーシップの授業を受けた現役大学生9名が、「全員が発揮できる新しい形のリーダーシップ」と「各学部の学び、学生生活」について講演しました。
生徒たちは学部ではどのようなことを学ぶのか、また、どのような学生生活を送っているのかといったリアルな話を聞いたうえで、自分や他の生徒が学部を選ぶ際に、より有益になるような情報を引き出すために積極的に質問をしていきました。
  • 立教大学文学部の学生の講演

  • 立教大学異文化コミュニケーション学部の学生の講演

「立教大学の仕組み」と題して法学部を紹介する生徒

クラスで発表

その後、生徒たちはチームに分かれ、講演を聞いていない他の生徒に紹介するために学部の特長を資料にまとめていきます。ここでは、「立教大学の学部選択において、生徒に対して良い影響を与えるため」に、どのような情報をどのように伝えるか、自分の考えを整理し、各学部の魅力を正しく伝えることを意識しながら作業を進めていき、7月1日、所属するクラスのロングホームルームで発表しました。

この取り組みを通じて、生徒たちは、自分らしいリーダーシップを見つけ発揮していました。さらに、クラスメイトの学部選択に新たな視点や気づきを与えました。
  • 経営学部の魅力を紹介する生徒

  • 異文化コミュニケーション学部を説明する生徒

立教新座のリーダーシップ教育

立教新座では、国際的な視野を養う「グローバル教育」と、多様性の中で自身の力を発揮し、仲間と共にチームの目標を達成するために貢献するリーダーシップスキルを学ぶ「リーダーシップ教育」を通じて、世界の人々と「共に生きる力」を備えたグローバルリーダーを育成しています。