2022/03/16 (WED)

ワンターム留学を終えて ~ワンターム留学報告 2~

2020年度からスタートしたワンターム留学。2021年9月から4カ月、第1期生として2人の高校2年生が提携校のコリヤーズ・カレッジ(The College of Richard Collyer)で学びました。
~ワンターム留学報告 2~として、大塚翔仁さんのレポートを紹介します。

高校2年 大塚翔仁さん
2021年度ワンターム留学生
最初、このワンターム留学には私一人で行く予定でした。コロナの影響で志願者が私だけで、一人での渡航に不安を感じていました。面接試験での手応えも全くありませんでした。
出発の3カ月ほど前に池田君も参加することになって、不安しか感じていなかったところに安心感が加わりました。

イギリスに着いてから、空港での会話やホストファミリーの方とのコミュニケーションに苦労した記憶があります。一週間の隔離後、初めての学校から帰ってきた時には、オールイングリッシュの授業に圧倒されて「自分はこんなにも英語が喋れなかったのか」と完全に自信を失っていました。

しかし周りの皆さんの励ましや、手厚いサポートのお陰で、留学3週間目ほどから僕の英語力はめきめきと上達し始めました。そのこともあってか、沢山の人に話しかけてもらえるようになりました。沢山の友達ができ、週末は友達と観光へ行ったり、誰かの家に行ってホームパーティーをしたり、街中で遊んだりしました。帰国した今でもグループチャットや電話をしている子もいます。
向こうでの思い出を詰めたコラージュ写真
まだまだお話ししたいことは山ほどありますが、長くなってしまうためここでは割愛します。

このイギリスでの4カ月間の留学生活は、予想していた問題や予想していなかった問題にも直面し、苦労も多々有りましたが、結果的に全ての面において、私自身を根底から大きく成長させてくれたものとなりました。
僕の留学に関わってくださった全ての方に大変感謝しています。この経験を未来に繋げられる自信しかありません。

今一度、僕の留学に関わってくださった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました!

立教新座高等学校の学校派遣留学制度

学校派遣留学制度とは、聖公会の私立学校St. Paul's School (セント・ポールズ・スクール/アメリカ)または、Brighton Grammar School(ブライトン ・グラマースクール/オーストラリア)で1年間、派遣留学生として学ぶプログラムです。
留学者(各校1名)は、校内選考を経て本校の代表として1年間、ホームステイをしながら学校に通い、現地の生徒と共に学びます。留学後は、留学先で取得した単位の認定を受けて進級復学し、立教大学に推薦入学を希望することもできます。また、この制度を利用して留学した生徒は、学費相当額を奨学金として受け取ることができます。
2020年度からは、イギリスのコリヤーズ・カレッジへ、4カ月間留学するプログラムもスタートしました。

お使いのブラウザ「Internet Explorer」は閲覧推奨環境ではありません。


ウェブサイトが正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのであらかじめご了承ください。
ChromeまたはEdgeブラウザのご利用をおすすめいたします。