2020/08/31 (MON)

チャプレンより聖書のことば

それから、弟子たちに言われた。「わたしについて来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る。人はたとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。」
(マタイによる福音書第16章24~26節)

立教新座中学校・高等学校チャプレン べレク・スミス
イエスは弟子たちにご自身が十字架で死ぬことを伝えた時に、弟子たちにも同じく十字架を背負って従うように命じました。そして、その後、「自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのために命を失う者は、それを得る」と逆説的なことを弟子たちに言います。「命を大切に」と良く耳にしますし、キリスト教では特に個々の命の大切さを強調していると言えます。しかし、イエスの思っている「命を大切に」と、私たちの思っていることが少しずれているように思います。一般的に、「命を大切にすること」は命を延ばすこととしてとらえます。医療設備を充実させることや、事故を防ぐための安全装備をすることなど、人間の身体を長く生かせるためのことが考えられます。具体的に言うと、シートベルトや避難場所の設置などが「命を大切にすること」の現れとして考えられます。

命を大切にすることは確かに、危険から守ることや、病気や災難が起きた時のために準備を整えることでもあります。しかし、イエスはそれとは違った観点から命のことを考えています。一般的に言われている「命を大切に」、と言う人は、イエスが言う「自分の命を救いたい人」であると考えることもできます。

十字架は拷問と死刑のためのものであり、決して普通の人が求めるようなものではありません。イエスの弟子になることは、自分の命を捧げることであると教えています。そして、さらに、そのようにして命を失う者は命を得ると言っています。イエスの言う「命を得る」とは、死後の天国のことを指しているのです。ですから、この後のこともあるなら、この世の人生においてなるべく命を引き延ばすことが「命を大切にすること」にはなりません。「人はたとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。」と言っているイエスは、お金や権力を手に入れた人、また、それを求めて生きている人に、命を延ばし、この世のものを手に入れることが何よりも大切ではなく、自分を犠牲にしてまでも人に仕え、人を愛する十字架の道をイエスは私たちに示しています。シートベルトを着用しなくてもいいと言っているのではありません。今ある命よりもはるかに大切な命が天国にあること、そして、そこに至る十字架の道の大切さをイエスは私たちに教えようとしていますが、甦りの希望がなければイエスの言っている逆説は矛盾にしか聞こえないでしょう。

2020年8月31日